オルリファスト60mg

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓


最安値:2,146 円~
弊社取扱いのOrlifast(オルリファスト)は専門機関の成分鑑定を受けております。
※画像をクリックすると拡大します。医療品+サプリメントで手軽に「メディカルダイエット」
オルリファストの主成分オルリスタットが、脂肪吸収を抑制し体内に蓄積されるのを抑えます。しかし脂溶性ビタミンに対しても同作用が働き大事な栄養素の吸収も阻害されます。そこでクリルオイルと8種のビタミンを配合した南極クリルビタミンをプラスすることでダイエットと栄養補給を効率的に行えます。
オルリファスト60mg42錠2箱+南極クリルビタミン120粒 1袋
ご注文はこちら

▼高用量タイプ
オルリファスト120mgはこちら
◆ご使用について
1.使用方法
オルリファスト(Orlifast)の推奨摂取量は、1日3回、1回60mg(1カプセル)とされています。食事中または、食後に服用するのが効果的です。但し、脂肪分を含まない食事の際は服用しないでください。

2.特徴
主成分Orlistat(オーリスタット/オルリスタット)は、食事により摂られた脂肪分を腸で吸収されるように脂肪を分解する消化酵素「リパーゼ」の働きを阻害します。リパーゼが不活性となることにより、食べ物に含まれる脂肪は、腸に吸収出来る脂肪酸やモノグリセリドに分解されずに、余分な脂分30%を吸収せず体外へ排泄します。摂取した油分をカットするため、糖尿病や高血圧症などの予防効果にも役立ちます。

3.副作用
便意の回数の増加やおなら、急な便意などが見られます。有効成分オーリスタットの作用でベータカロチンやビタミンA・D・E・Kなど脂溶性栄養素の吸収が減少します。

4.メーカー
Lloyd Laboratories Inc.社は1958年来、世界中の医師および獣医から支持される製品を作り続け、高レベルな安定度、安全性、効能をもつ医薬品と栄養補助食品を、お客様にお届けしています。世界各国に市場を拡大する場合も、適正製造規範(GMP)に厳格に従いつつ、各国市場の規制要件を順守しています。

Lloyd Laboratories Inc.社の工場は、錠剤およびパウダー状の製品の完全な製造設備を備えており、原材料の仕入れ段階から世界中のお客様への最終出荷に至るまで、米食品医薬品局(FDA)及び他の規制当局の基準を満たしつつ、全製造段階を綿密にモニターしています。

【商品説明】
薬効成分のオルリスタット(オーリスタット)を含有した肥満症治療薬がオルリファストです。

オルリファストは、脂肪の吸収を阻害することで、肥満症を改善する薬です。

オルリファストの薬効成分であるオルリスタット(オーリスタット)は、脂肪分解酵素の働きを阻害することにより、油っぽい食事で摂取した脂質を体内で吸収することなく、便として直接排出させます。食事と同時に服用することで、脂質や脂肪分の約25%を消化することなく、そのまま体内を通過させて、便として体外へ排出する薬剤です。

多くの方の肥満症治療に使用されているオルリスタット(オーリスタット)は、米国食品医薬品局(FDA)で承認されています。

【効果効能】
肥満症
(BMI≧25kg/m2)

※上記は、米国での適応です。
※本剤は、日本国内で適応がないため、使用前に必ず医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。
※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

【用法用量】
通常、成人に対して、食直前、あるいは食事中、食後1時間以内にオルリスタットとして60mg(1カプセル)を1日3回、毎食時に経口投与する。

※上記は、米国での用法・用量です。
※本剤は、日本国内で適応がないため、使用前に必ず医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。

【注意事項】
飲み忘れに気付いた際は、食後1時間以内の場合に限り、思い出したときすぐに服用してください。
※2回分を一度に服用しないこと。

体重の減量は、ほかの薬剤の服用量などに影響を与えます。
本剤の効果を最大限得るために、医師によって推奨された栄養プログラムを併行してください。栄養プログラムの詳細については、医師へご相談ください。
本剤による治療12週間後で体重を5%以上減量できなかった場合は、服用を中止してください。
本剤は、脂肪便・油性便を引き起こすことがあります。
本剤の服用を中断すると、48~72時間以内に糞便中の脂肪含有量は治療前の水準にもどります。
高脂肪含有食品を摂取した場合、脂肪便・油性便の頻度を増加させる可能性があります。また、脂肪分は3回の食事へ均等に分けて摂取してください。
食事を摂らなかったり、食事に脂肪分が含まれていない場合は、本剤の服用をとばしてください。
経口避妊薬による避妊は、本剤による重度の下痢のため、失敗する可能性があります。追加の避妊方法を推奨いたします。
本剤の服用は、慢性の腎疾患を患っている方の、腎結石に影響を与えます。

■以下の方は本剤を使用しないでください。
オルリスタット(オーリスタット)、あるいは本剤含有成分に過敏症の既往歴がある方
慢性の吸収障害疾患を患っている方
胆汁うっ滞のある方
授乳中の方

【副作用】
頭痛、腹痛、腹部不快感、瀉下(下痢)、鼓腸(腸内ガスの増加)、油性便、脂肪便、水様便、低血糖(2型糖尿病罹患者において)などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

【成分】
Orlistat 60mg

オルリスタット(オーリスタット) 60mg

【メーカー】
Lloyd Laboratories Inc.

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓