スピロテロール(Spiroterol)40mcg

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓


最安値:2,757 円~
弊社取扱いのSpiroterol(ジェネリックスピロペント)は専門機関の成分鑑定を受けております。
※画像をクリックすると拡大します。☆ 豆知識 ☆
本商品には、世界アンチドーピング規程「2021年禁止表国際基準」該当成分が含まれています。

ドーピング検査に影響を及ぼす可能性がありますので、公式競技等に出場される方は、医師や薬剤師にご相談ください。

【商品説明】
日本国内で承認されているスピロペント錠と同一薬効成分・クレンブテロール塩酸塩を含有した気管支喘息治療薬が、Spiroterolです。

Spiroterolは、気管支を拡張することで、呼吸を楽にする薬です。

Spiroterolの薬効成分であるクレンブテロール塩酸塩は、気管の平滑筋に存在する交感神経のβ2受容体を刺激します。気管支を取り巻く筋肉の緊張を緩和させ、気管支を拡げます。

クレンブテロール塩酸塩は、第三世代のβ刺激薬です。第二世代と比較してβ2選択性が高いことに加え、作用時間も8~10時間と長いのが特徴です。

【効果効能】
下記疾患の気道閉塞性障害に基づく呼吸困難など諸症状の緩解
気管支喘息、慢性気管支炎、肺気腫、急性気管支炎

下記疾患に伴う尿失禁
腹圧性尿失禁

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

【用法用量】
下記疾患の気道閉塞性障害に基づく呼吸困難など諸症状の緩解
●気管支喘息、慢性気管支炎、肺気腫、急性気管支炎
通常、成人には1回クレンブテロール塩酸塩として20mcg(0.5錠)を1日2回、朝及び就寝前に経口投与する。
頓用として、通常、成人には1回クレンブテロール塩酸塩として20mcg(0.5錠)を経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

下記疾患に伴う尿失禁
●腹圧性尿失禁
通常、成人には1回クレンブテロール塩酸塩として20mcg(0.5錠)を1日2回、朝及び夕に経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。ただし、60mcg(1.5錠)/日を上限とする。

■錠剤を分割して服用される際は、下記商品のご利用を推奨いたします。
▶安全度の高い錠剤カッターをご希望の方には、ウルトラピルカッター
▶ピルケース付きで持ち運びたい方には、ピルカッター
▶シンプルな錠剤カッターをご希望の方には、ブルーピルカッター

【注意事項】
飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は服用しないでください。
※2回分を一度に服用しないこと。

吸入ステロイド薬を併用している方は、本剤の服用により症状の改善を感じても、吸入ステロイド薬を減量したり、中止したりしないでください。
発作予防のために医師の指示どおり継続して服用してください。自己判断で勝手に量を増やしたり、中止したりしないでください。
本剤の服用を始めた頃に手の震えや心臓がドキドキすることがあります。ほとんどの場合、続けていくうちに起こらなくなりますが、ひどい場合や症状が続く場合は医師または薬剤師にご相談ください。
カテコールアミン製剤を使用している方は、本剤の服用をお控えください。
直射日光の当たらない30℃以下の涼しい場所で保管してください。

●以下の方は本剤を使用しないでください。
下部尿路が閉塞している方
本剤に対して過敏症の既往歴のある方

効果には個人差がありますことを予めご了承ください。
こちらの文面は、薬効成分等の一般的な作用機序を解説したものであり、この通りの使用を推奨しているわけではありません。
必ず医師の観察のもとで使用し、異変を感じた際は医師の診察をお受けください。

【副作用】
振戦、重篤な血清カリウム値の低下などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

【成分】
Clenbuterol HCL USP 40mcg

クレンブテロール塩酸塩 米国薬局方 40mcg

【メーカー】
Lloyd Laboratories Inc.

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓